CatWalkers

スカイリムMOD作成サイト

 

魔法作成 1

魔法の作成1
そうだ、魔法を作ろう。( ˘ω˘ )
CriationKit(以下CK)で新しい魔法を作るために、まずザックリとした流れから。

※以下の各項目にある日本語訳というのはCK wikiページが翻訳された物です。
CK WikiはMOD制作には非常に参考になりますので編集者、訳者様に感謝しつつ、ぜひ一読を。
 
■Spell
ゲーム中の所持魔法リスト等に表示され、使用される呪文の設定項目。
主にダメージ値や回復量などの数値、持続時間、詠唱時間、装備箇所を設定します。
後述の[Magic Effect]を同タイプであればいくつでも登録できます。
Spell 項目の日本語訳

■Magic Effect
スカイリムで魔法を作る上で一番の根幹部分、それがこの「Magic Effect」の項目。
ここでは魔法のみならず、ポーションや付呪の効果、巻物、
そしてダンジョンやクエスト演出の視覚効果までここで設定されています 。
設定する項目は結構多く複雑ですが、ここを攻略すると新しいスカイリムの世界が開かれると思います頑張りましょう!
Magic Effect 項目の日本語訳

■Projectile
射弾。矢や火炎球、氷のトゲなど術者からターゲットに向かい飛んで行く各種の弾の設定はここでします。
この項目の数値を弄ると既存の魔法でも放物線を描いて飛ぶ火炎球になったり、呪文発動した瞬間に相手を爆発させたりと、かなり視覚的に変化を付けることが出来ます。

またnifモデルを弄ると剣や木樽、その気になればマンモスすら投げつけることが可能になります。
Projectile項目の日本語訳

■Book
いわゆる本。ここではドヴァキンがゲーム中に魔法を覚えるための「呪文の書」の設定が出来ます。
ゲーム中、コンソールを使わずに魔法を覚えたい時はこちらで呪文の書を作成する必要があります。
NPCにのみ使用させる場合は、本を作成する必要はありません。
Book項目の日本語訳

-------------------------------------------------------------------------------------------

バニラの破壊魔法「火炎球」を例に挙げてみましょう。
上記の4項目をCKのウインドウで開くと下図のようになります。

左上から赤い矢印順に、Projectile > MagicEffect > Spell > Book という流れで魔法が構成されています。
ScreenShot132.jpg

以降、各項目の解説していく予定です。
スポンサーサイト

魔法作成「オイル・ボム」1

魔法の作成1
■ Projectile

はじめての魔法作成。手始めに簡単な破壊魔法を作成してみましょう。
最初はダンジョン内で天井からぶら下がっているオイル壷トラップ、あの壷を投げる魔法。
題して「オイル・ボム」を作ります。

今回は撃ち出す弾から作っていきます。
まずCKを起動させSkyrim.esmにチェックを入れOKボタンを押しロードします。

ロード後、下の画面のようにSpecialEffect > Projectile  を選択。
右側のEditor ID欄に数多くの[P]アイコンがついた射弾が表示されています。
ScreenShot133.jpg


ある程度はEditor ID名から判別はつきますが、ここでは直感的・視覚的に
わかりやすいプレビュー機能を使いましょう。
他の項目でもプレビューが使える場合は極力使うと便利です。

Editor IDを右クリックしてPreviewを選択
Pewviewウインドウが開き、大きなグレーの枠内にゲーム内で見える射弾が表示されます
ScreenShot134.jpg  

ウインドウを表示しただけでは表示されなかったり見づらい場合がありますので、
上画像の赤線の箇所を弄ったり表示画面内をマウスドラッグし、
カメラを回すなどしてどのような射弾か確認します。

今回はオイルボムを作りますので、[CWCatapultProjectile]を右クリック、
Duplicate(複製)を選び新規IDを作ります。 ScreenShot137.jpg 
 複製されたファイルにはファイル名の末尾にDUPLICATEと付くのでわかりやすいですね。
これからそのDUPLICATEと付いたファイルの設定を弄って行きましょう。


Projectileの設定ウインドウ
ScreenShot138.jpg 

それぞれの設定部分の翻訳や詳細はCKWikiがしっかり説明してくれていますので迷ったらそちらを御覧下さい。

今回はProjectile Type(弾の種類)と、Speed(弾速)、Gravity(重力の影響)、Renge(射程距離)を弄り、放物線を描いて飛び、着弾後爆発炎上する弾を作成します。
ちなみにこのコピー元のCWCatapultProjectileは、文字通りCivil War Catapult Projectile、内戦クエストの投石機の射弾です。

・Projectile Type
ここはオリジナルの射弾のままMissileを選択します。主に魔法弾で使用され、着弾後弾自身は消滅します。
Arrowを選ぶとターゲットに弾が着弾後、弾が一定時間そこに残ります。例えば矢が体に刺さったままになる感じです。

・Speed
弾速の設定。コピー元の弾速は4000ですが、これはあまりにも早いので少し速度を下げましょう。
重い物を手で投げるイメージなので1000あたりが見た目にも新鮮で良いかと思います。砲丸投げのような軌跡を描いて飛びます。

参考までに他の射弾の速度
  • 各種弓矢                          3600
  • 火炎球、アイススパイク  2500
  • 照明魔法                           512
・Gravity
ここでは重力の影響度を設定します。0だと下のRengeで設定した距離まで一直線に飛び続けます。
主に重さがない魔法弾用途。

矢やドワーフのバリスタトラップなどの物理弾を撃ち出す時は質量に合わせて数字を大きくするほど大きな放物線を描くようになり、より雰囲気が出るかも。
今回は1.0に設定します

・Renge
飛距離。この距離を超えると弾が消失します。魔法弾ではそれも演出として面白いですが、物理弾は飛んでいる途中で消えると不自然です。
ゆえに10,000~60,000とかなり大きめに設定されているものが多いようです。
今回は15000に設定しました。

・Explosion
この項目にチェックを付けると着弾後、爆発します。Typeから爆発するパターンを選びます。
デフォルトのままでも良いですが結構大きな爆発になりますので、今回はオイルトラップの爆発[TrapOilExplosion01] を選択します。

今回は接触後爆発するTrigger on Impactを選択していますが、Alt. Trigger(トリガー式)を選ぶと、
時限爆弾や近づくと爆発するセンサー型の弾を作成することが可能です。

これらの数値を弄り終えると下の画像のようになります。問題が無ければOKを押します。
ScreenShot148.jpg  
一旦、この作成した射弾をセーブ保存しておきましょう。
CKの左上からFile>Saveを選び名前を付けて保存します。Oilbomb.espとでも名付けておきましょう。
この時点では呪文化していないのでまだゲーム中で確認出来ません。

次はMagic Effect作成へ移ります。

魔法作成「オイル・ボム」2

魔法の作成1
■Magic Effect
前回作ったオイルボム用Projectile(射弾)を打ち出すための魔法効果を作って行きましょう。

Object WindowのMagic>Magic Effect を開き、任意のEditor IDを右クリック。
Duplicate(複製)して新規IDを作ります。
もし新規ではなく、既存の魔法を変更させたい時は複製せずにEditor IDを開いて下さい。

今回はFireDamageFFAimedArea(火炎系ダメージ・狙った対象とその周囲へ効果有り)を選択し
複製することにしました。
ScreenShot136.jpg 
基本的に、これから作りたい魔法に似ている物を複製するとキーワード等の大まかな設定を使い回せるので楽なのですが、慣れないうちは複製する前に一度ダブルクリックをして開いて右下の欄 [Papyrus Script] に何も記載が無いものを複製しましょう。
というのもスクリプトが付いている場合、順序だってスクリプト項目を削除しないとゲーム上でエラーを残したりと何かと面倒な事になるので慣れないうちは無理は禁物です。

※このMagic Effectには多数の魔法や視覚効果が登録されており、一見どれを開けばいいのかわかりづらいですが、ファイル名の頭文字である程度は判別しやすいよう区分されています。
頭文字 説明
Ab- Ability 呪文を唱えなくても常に発動している能力
Absorb- 体力やマジカを吸収する効果。吸血鬼が使う魔法など
Alch- Alchemy 錬金術で作られる薬品などの効果
Armor- 防御力を上げる魔法。 アイアン・フレッシュなど
Banish- デイドラ送還などの対象を消し去る魔法の効果
Barrier- 炎の壁などで床にしばらく残る魔法の効果
Blades- ブレイズ派閥用の魔法の効果
Bound- 武器や装備品を召喚する魔法の効果
CallToArms 周囲の味方の体力やスタミナ値などを一定時間上昇させる
ConfUpFortify- ターゲットの体力やスタミナを強化させる効果
cr- Character 種族ごとの能力や使用する魔法
DA- Daedric Artifacts デイドラ関連クエスト用魔法や効果。数字は各クエスト番号
DB- Dark Brotherhood 闇の一党関連クエスト用の魔法や効果
DetectLife- Enemy-とFriend-を合わせて魔法「生命探知」の効果となる。
Undead-は「不死探知」効果
DisDamage- 術者自身の体力やスタミナなどが減少する
doom- 各地に点在する石碑の効果
DragonVoice- ドラゴン専用のシャウトの効果
dun- Dungeon 洞窟やダンジョン内で発生する魔法演出の効果
Ench- Enchantment 付呪された魔法の効果
Fire- 火炎系魔法の効果
Food- 食べ物を食べた時の効果
Fortify- 体力や攻撃力を強化する効果
Frost- 冷気系魔法の効果
FX- Effect 主に視覚的な効果のみ
Graybeard- グレイビアード達が唱える魔法
Hazard- 炎の壁などのように広範囲に展開する魔法効果
HowlWerewolf- Howl Werewolf ウェアウルフ用のシャウト
Influence- 戦闘をさせたり(UP-)、戦闘をやめさせたり(Down-)する魔法の効果
Invisibillity- 透明化の魔法効果
Light- 照明魔法の効果
Marriage- 結婚した時のボーナス効果
MG- Mage Guild ウインターホールド大学クエスト時に使用される魔法や演出
MQ- Main Quest メインクエスト時に使用される魔法や演出
MS- Miscellaneous Side Quests サイドクエスト時に使用される魔法や演出
Muffle- 消音魔法の効果
Paralysis- 麻痺魔法の効果
Perk- スキル用の効果
Race- 種族専用のスキルの効果
Reanimate- 蘇生魔法の効果
Rested- 睡眠や休憩ボーナスの効果
Restore- 体力やマジカを回復させる効果
Rune- 罠魔法の効果
shieldCharge- シールドチャージの魔法効果
Shock- 雷撃系魔法の効果
SoulTrap- 魂縛の効果
Stagger- よろめかせる効果
Summon- 召喚魔法の効果
TG- Thief Guild 盗賊ギルドクエスト用の演出や効果
Trap- 罠の演出や効果
TurnUndead- アンデッドを逃走させる魔法の効果
Vampire- 吸血鬼用の魔法
Voice- シャウト用の効果。基本的に3種類セット
Ward- 魔力の盾魔法の効果
Waterbreathing- 水中で呼吸が可能になる効果
Werewolf- ウェアウルフ化する時の視覚効果や付与される能力
Wisp- ウィスプマザー用の魔法や効果

さて、複製したDUPLICATEと付いてるほうのファイルを開いてみましょう。

Magic Effectの設定ウインドウ
ScreenShot139.jpg 
Magic Effect 項目の日本語訳

とりあえず前回作った射弾を上の画像中央当たりにあるProjectileで選択してみましょう。

前回作った射弾はファイルは[CWCatapultProjectileDUPLICATE]。
▼ボタンを押して順に選ぶも良し、キーボードのCを押して一気に頭文字Cまで飛ぶも良し。選択できると上の画像のようになります。

後は画像左上2つ目の項目Name(魔法の効果名)をFireballからOil Bomb等に改名しておきましょう。

そして画像の中央下のOKを選んで終了。
最初の魔法作成なので今回はこれだけ。

次はSpellの作成です。もう一息!

魔法作成「オイル・ボム」3

魔法の作成1
■ Spell
これまで作ってきた破壊魔法「オイルボム」を実際にゲームで使用するための設定です。
従来のように左側のツリーからMagic > Spell と選択する方法もありますが、
今回はMagicEffectファイルのほうからSpellを選ぶ方法で開いて見ましょう。 

前回作ったオイルボム用のMagicEffect。そのオリジナルの方を右クリック
表示されたウインドウからUse Infoを選択します。
ScreenShot140.jpg

Use Info画面
ScreenShot141.jpg
このウインドウはオリジナルの[FireDamageFFAimedArea]を利用しているファイルの一覧が表示されます。
このように、このデータがどこに使用されているか知りたい時は右クリックのUse Infoを使うと便利です積極的に活用しましょう。

ではUse Infoウインドウに表示されているリストから目的に近い物、ここでは破壊魔法[FireBall]をダブルクリックして開き下図のウインドウを出します。
ScreenShot142.jpg 

上のウインドウからIDとNameを下のようにリネームします。
ID FireBall → OilBomb
Name FireBall → OilBomb

次に右欄のEffects
現状では当然ながらバニラのFireballを撃つMagicEfectのままなのでここをオイルボムを撃つよう変更します。
FireBall : Healthをダブルクリックして横長のEffect Itemウインドウを開きます。

Effect Itemウインドウ
ScreenShot143.jpg  

Effect部分を選択し、DUPLICATEと付いたオイルボム用MagicEffectを選びます。
その下のMagnitudeは威力。攻撃魔法の場合、ダメージ値となります。
Durationは持続時間。継続ダメージの時に使う項目。
今回はいずれもそのままの数値にしておきます。

これらの設定が終わると下の画像のようになっていると思います。
なお、Effectsの下の2つはそれぞれ破壊魔法のスキル「二連の衝撃」「激しい炎」を取得した時に発動する効果です。
ScreenShot144.jpg

設定が完了したらOKを押すのですが、バニラのFireBallのSpellを直接変更していることを思いだし、
ここは少し慎重になりましょう。
OKを押すと、このようなウインドウが表示されます。
ScreenShot145.jpg 

Editor IDを変更した時、新規データとして作りますか?と聞いてくるので
新IDにしたい時は「はい」、バニラの火炎球魔法を置き替える場合は「いいえ」を選択します。
今回は新規に魔法を作る目的なので「はい」を選択。

オブジェクトウインドウ左側ツリーよりMagic > Spell を開き、Spellリストの中にOilBombがあれば無事、Spellの完成です。 ScreenShot146.jpg 
これでひとまず魔法「オイルボム」は完成しました。
次はゲーム上でこの魔法を使用するための方法です。

魔法作成「オイル・ボム」4

魔法の作成1
前回作ったSpell[Oilbomb]をゲーム上で使用する方法は幾つかあります。
NPCが使う場合は前回作ったSpellをそのままNPCの所持魔法リストに登録すれば使用してくれます。
LeveledListに登録するとランダムで敵や友好NPCに持たせることも出来ます。

ただ、プレイヤーが使う場合、
・初期から覚えている
・呪文の書を読んで魔法を覚える
・コンソールから入手する
など手段はいくつかありますが、その中でも簡単かつ応用も効く「呪文の書」として
ゲーム内に設置する方法を今回紹介します。

■ Spell Book
それでは本を作りましょう。
まずObjectWindow左側ツリーからItem > Book を選択。
ここも数多くの本が登録されていて探しづらいですね。こういう時はフィルターを使ってみましょう。

ObjectWindowの左上にあるFilterの空欄部分にSpellと文字を入れてみます。
そうすると、Editor IDにSpellの文字が付いているもののみが表示され見やすくなりました。
ScreenShot149.jpg  

その中から今回も[火炎球]の元に、オイルボムの魔法の書を作成します。
火炎球の呪文書[SpellTomeFireball]を複製します。

Bookの設定ウインドウ
ScreenShot150.jpg  
ここで設定する所はNameTeaches、中央のアイテム説明欄の3箇所です。
上の画像のようにFireBallの部分をOilBombにリネームします。
Teachesの部分は呪文リストからOilBombを選択したあとOKを選択。
これで本の設定は完了です。

■Cellへの配置
コンソールや便利なMOD[AddItemMenu]を使うと現時点でもこの本を入手出来ますが、
折角なので自然にゲーム中に入手できるようにしてみましょう。

ここからはObject WIndowではなく、Cell View Windowを使います。
CKに表示されていない場合は上段View > Cell View Window にチェックを入れて表示させてください。
ScreenShot151.jpg

デフォルトだとInterior(室内、建物内)セルのリストがずらっと表示されます。
この中から好きな場所を選び配置しましょう。

※ Cell(以下セル)の意味はGoogle先生に聞いて貰うとして、CK上では
  プレイヤーが活動する室内外のフィールドを区分けされたものを指します。

今回はゲーム開始後アクセスしやすい場所ということで、
ホワイトラン入口脇にある「衛兵の兵舎」に配置します。
他のホワイトランの家は大体余所のフォロワー系MOD等と被りそうなのでここを選びました。
ScreenShot152.jpg 

WhiterunGuardHouse(ホワイトラン衛兵の兵舎)をダブルクリックして開くと、
Render Windowにそのセルが表示されます。
ScreenShot153.jpg 
マウスやキーボードでカメラを動かしながら置きたい場所まで動かします。
適当なオブジェクトをクリックし、Shiftを押しながらマウスを動かすと、クリックした物を中心にカメラが動かせます。
途中、邪魔な物体(オブジェクト)があれば、それをクリックしキーボードの[1]を2回押して非表示にしていくと楽です。

試しに上の画像の天井部分や天井からの光などを非表示にしてみました。スッキリ。
ScreenShot154.jpg 非表示したものは、Alt+1キーを押すことで非表示にしていた部分全てが再表示されますので、遠慮なく邪魔な物を非表示にしつつ作業を進めましょう。

今回本の置く場所ということで、男子定番の隠し場所ベッドの下です。
オイルボムの呪文の書[SpellTomeFireballDUPLICATE001]をマウスで掴んで表示している室内セルへドロップします。
ScreenShot155.jpg

手前のオブジェクトに引っかかることが無ければ大体狙った所に配置出来ると思います。
マウスドラッグで前後左右、キーボードの[Z]キーを押しながらマウス移動で上下に移動させ位置を調整します。

※オブジェクトを選択中にキーボード[F]キーを押すと、そのオブジェクトが垂直落下し床に落ちるので
アイテムや小物を設置する際に活用するとなにかと捗ります。
ScreenShot156.jpg 
本の位置を調整して配置しました。

※Render Window表示中にキーボード[A]キーを押すと、ゲーム中と同じ照明効果が適応され陰影が付き視認しやすくなります。
ScreenShot157.jpg
これで呪文書の配置は完了です。忘れずセーブをしておきましょう。
NMMやMOでこのMODファイル[Oilbomb.esp]を読み込むようにチェックを入れ、ゲームを起動させて確認です。


■動作確認
ホワイトランに入り、入口脇の「衛兵の兵舎」へ向かいましょう。
呪文書がゲーム中にありました。

が、しかし、「取る」ではなく「盗む」と表示されています。なんてこった。
ScreenShot158.jpg 

原因は、この室内セルが「ホワイトラン衛兵の派閥」に属しているからです。
つまりこの室内にあるものはすべて建物所有者の物と判定されます。
他人の家やこういう特定派閥の敷地内は大抵所有者が居ますので配置する時は注意しましょう。

この問題は所有者の居ない場所に配置し直す、または
所有者をプレイヤーまたは友好的な派閥に変更させることで解決します。

設置した呪文書をダブルクリックしてReferenceウインドウを表示させ、タブのOwnership(所有権)を選択。
このオブジェクトを誰の所有物にするかを設定します。
呪文の書は基本的にプレイヤーしか使いませんのでNPCの欄を[None]から[Player]に変更させましょう。
その後、OKを押し、セーブをして改めてゲーム上で確認してみましょう。
ScreenShot159.jpg


無事、お咎め無しに拾えるようになりました。
ScreenShot160.jpg 

呪文書を読み、破壊魔法リストから[OilBomb]を選択し使ってみましょう。
見事、放物線を描いて飛ぶ魔法「Oil Bomb」の完成です。

この魔法はElinRace New NPCにも「オイル・ボム」の名前で実装されており、
ゲーム中でドヴァキンが使用することはもちろん可能です。
またフォロワー可能Elin「鍛冶屋」、「ドワーフ鍛冶」が戦闘中に使用します。
ScreenShot161.jpg

大まかながら、オリジナル魔法はこういった流れで作成出来ます。

Projectile(射弾)やMagic Effect(魔法効果)の項目を理解し自由に弄れるようになるほど、
面白いオリジナル魔法が作れますので是非お試しあれ。
Profile

Kro

Author:Kro


ネコミミprpr(^^
ElinNewNPCとか作ってます
解説記事まだあちこち未完成です

We Know
MENU TREE
NEWS
Tree-Comment
LINK
 
 
Twitter

 
 
pictlayer