CatWalkers

スカイリムMOD作成サイト

 

魔法作成「オイル・ボム」1

CreationKit 解説 > 作成 - 魔法
■ Projectile
はじめての魔法作成。
最初は簡単に、既存データを使用するところから。

ダンジョン内で天井からぶら下がっているオイル壷トラップ、あの壷を投げる魔法。
題して「オイル・ボム」を作りたいと思います。
まず手始めに、撃ち出す弾(Projectile)から作っていきましょう。

まずCKを起動させ、Skyrim.esmにのみチェックを入れ、OKボタンを押しロードします。

ロード後、下の画面のようにSpecialEffect > Projectile  を選択。
右側のEditor ID欄には、数多くの緑色の[P]アイコンがついた射弾が表示されています。
今回は、ここに既に有るデータを使用、改造して弾を作っていきます。
ScreenShot133.jpg

ある程度はEditor ID名から判別がつきますが、ここでは直感的・視覚的にわかりやすいプレビュー機能を使いましょう。
他の項目でもプレビューが使える場合は、極力使っていくのが良いと思います。

適当なEditor IDを右クリックして、Previewを選択
Previewウインドウが開き、大きなグレーの枠内にゲーム内で見える射弾が表示されます。
ScreenShot134.jpg  

ウインドウを表示しただけでは表示されなかったり見づらい場合がありますので、
上画像の赤線の箇所を弄ったり表示画面内をマウスドラッグしてカメラを回すなどして、どのような射弾か確認します。

今回はオイル壺を使いたいので、上の画像の壺が飛んでるやつ [CWCatapultProjectile] を使用します。

この後、この弾の設定値を自分で弄りたいので、そのまま使用しないでコピー(複製)を作り、そちらを弄ります。
複製の仕方は、[CWCatapultProjectile] を右クリックして、出てくるウインドウから
Duplicate(複製)を選び、新規IDの複製を作ります。

ちなみにこのファイル名の意味は以下の通り。内戦クエストで使用される投石機の弾というファイルを意味します。
 CW - Civil War - 内戦
 Catapult 投石機
 Projectile
 

ScreenShot137.jpg 
 複製されたファイルにはファイル名の末尾には「DUPLICATE(複製)」と付くので、わかりやすいですね。
自分で名前を変更しても構いませんが、今回は判別がつきやすいようそのまま進行します。

さて、ここからは、その ~DUPLICATEと付いたほうのファイルを弄って行きましょう。
ファイル名をクリックして設定ウインドウを開きます。

Projectileの設定ウインドウ
ScreenShot138.jpg 

それぞれの設定部分の翻訳や詳細は、CKWikiが日本語でしっかり説明してくれていますので、
迷ったりもっと他にアレンジしたい時はそちらを御覧下さい。

今回はProjectile Type(弾の種類)と、Speed(弾速)、Gravity(重力の影響)、Renge(射程距離)を弄って、
放物線を描いて飛び、着弾後爆発炎上する弾を作成します。

・Projectile Type
弾の種類。ここはオリジナルの射弾のままMissileを選択します。主に魔法弾で使用され、着弾後弾自身は消滅します。
Arrowを選ぶとターゲットに弾が着弾後、弾が一定時間そこに残ります。例えば矢が体に刺さったままになる感じです。

・Speed
弾速の設定。コピー元の弾速は4000ですが、これはあまりにも早いので少し速度を下げましょう。
重い物を手で投げるイメージなので1000あたりが見た目にも新鮮で良いかと思います。砲丸投げのような軌跡を描いて飛びます。

参考までに、他の射弾の速度
 ・弓矢 3600
 ・火炎球、アイススパイク 2500
 ・照明魔法 512

・Gravity
ここでは重力の影響度を設定します。0だと下のRengeで設定した距離まで一直線に飛び続けます。
重さがない魔法弾などは0で良さそうですね。

矢やドワーフのバリスタトラップなどの物理弾を撃ち出す時は質量に合わせて数字を大きくするほど
大きな放物線を描くようになり、より雰囲気が出るかも。今回は1.0に設定します

・Renge
飛距離。この距離を超えると弾がパッと消失します。魔法弾ならそれも演出として面白いですが、
矢などは飛んでいる途中で消えるとちょっと不自然です。
ゆえにバニラでは10,000~60,000とかなり大きめに設定されており、絶対消してなるものかと強い意志すら感じます。
今回は15000に設定しました。

・Explosion
爆発の設定。この項目にチェックを付けると着弾後、爆発します。Typeから爆発するパターンを選びます。
デフォルトのままでも良いですが結構大きな爆発になりますので、
今回はオイルトラップの爆発[TrapOilExplosion01] を選択します。

今は接触後爆発するTrigger on Impactを選択しましたが、Alt. Trigger(トリガー式)を選ぶと、
タイマー式や近づくと爆発するセンサー式の弾を作成することが可能です。

これらの数値を弄り終えると下の画像のようになります。問題が無ければOKを押します。
ScreenShot148.jpg  

一旦、この作成した射弾をセーブ保存しておきましょう。
CKの左上からFile>Saveを選び名前を付けて保存します。Oilbomb.espとでも名付けておきましょう。
この時点では呪文化していないので、まだゲーム上で確認することは出来ません。

次はMagic Effect作成へ移ります。

→魔法作成「オイル・ボム」2の記事へ
関連記事
スポンサーサイト
Newer Entry魔法作成「オイル・ボム」2 Older Entry魔法作成の手順
We Know
MENU TREE
NEWS
Tree-Comment
LINK
 
 
Profile

Kro

Author:Kro


スカイリムMOD作るマン
[ElinRace NewNPC] [SDrim]の解説や
CK Tipsなどを
のんびり追加していきます(╹◡╹)

 
 
 
pictlayer